教会NEWS

今年の夏に引き続き、「第6回壮年研修会」が新潟家庭教会で開催されました。 県内から160名を超える壮年が集い、佐渡からも7名の壮年が駆けつけました。1日目は崔教区長による「同時性から見た現代摂理」に始まり、研修会第2・第3講座は太田洪量UPF-JAPAN顧問をお迎えしての講座となり、南米開拓精神を新潟壮年に連結してくださいました。 夜は班に分かれてディスカッション。各教会の活動報告がありました。 研修会2日目は柴沼特別巡回師をお迎えして、南米レダにおける開拓の歩みについて証していただきました。過酷な南米の地での開拓の歩みを現地での写真と真の父母様とのエピソードを交えて熱く語ってくださいました。まずは相手の良いところ悪いところ全てを丸飲みし愛するパンタナール精神で愛しきらないと教育できないと語られ、み言を伝えるには、まず相手を愛し、尽くすことが大事であると語られました。研修の様子はこちら→  

投稿日:2017年12月2日

▲TOP